特殊動物の眼科診療

特殊な動物の眼科診療について

獣医師の仕事は多岐にわたります。犬や猫の動物を診療する獣医師のほとんどは様々な診療科に対応している一方で診療の対象とする動物種は限定されていることが一般的です。当院は眼科専門の動物病院ですので、眼科であれば犬猫に限らず動物種を問わずに対応します(人を除く)。

これまで、馬、牛、ウサギ、イルカ、鰭脚類(アシカ、オットセイ、トド、アザラシ、セイウチなど)、 クマなどの哺乳類だけでなく、 カエル、トカゲ、ペンギン、文鳥、フクロウ、魚など多数の動物種の眼科疾患を診察してきました。

いわゆるエキゾチック動物は環境や刺激に対して犬や猫よりも敏感なことが多く、状態によっては限られたことしか出来ないこともございますので、ご了承ください。

馬や牛などの大型動物や動物園・水族館動物の眼科疾患に対する往診診療を致します。ご依頼は こちら の依頼フォームをご利用ください。