眼の病気の予防と治療

眼の病気の予防

1番の健康維持方法は病気の予防です。犬・猫では遺伝や感染、高齢化などによる眼の病気がとても多く、その多くは早めの診断・予防で病気を防ぐことができたり、病気が起こったとしても軽症に抑えることが期待できます。特に短頭種や小型犬では眼の周りを含む頭の形の影響により眼の病気が起こりやすくなっています。若いうちは平気でも、ちょっとしたきっかけから失明に至る眼の病気になってしまうことがあります。実際に、そんな病気のほとんどは短頭種や小型犬なのです。

人間であれば「眼がかゆい」「眼が疲れる」「物がかすんで見える」「虫が飛んでいるように眼の中にゴミが見える」などの異常を自分で気がつくことができ、家族や医師に伝えることもできます。しかし、人間と違って動物は物を言えません。涙やけ、目やに、白目の充血は眼の病気のサインです。

明らかに眼の病気になった時だけでなく、若いときから眼の健康診断を受けて大事な家族の眼の病気のリスクを知り、その対策をしておくことが、失明や痛みを起こす病気の回避にとても重要です。

当院では眼科専門の動物病院として、片眼で100を超えるチェックポイントについて評価することで眼の全体をくまなく検査して異常の有無や将来の病気のリスクを評価することができます。

白内障について

犬や猫の白内障は進行すると視覚障害だけでなく、合併症を引き起こすことが問題となります。白内障による合併症として、眼内の炎症(水晶体起因性ぶどう膜炎)、水晶体脱臼、網膜剥離、続発緑内障などが生じます。白内障に対する最も有効な治療法は手術(外科的治療)ですが、手術をしない、または手術ができない場合においても合併症対策(主に内科的治療による)が必要となります。白内障の進行具合、年齢、合併症の有無により適切な合併症対策を行うことが重要です。

当院では眼と体の状態に合わせて白内障とその合併症に対する治療をご提案します。